読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画批評「シン・ゴジラ」

単刀直入に言う。シンゴジラとても面白かった。

映画館で放映されていた時は「メジャーなやつ見に行くのつまらねえな」というB型特有の天邪鬼を発揮して観にいかなかったのだが、今回どの映画を観るかというのでシンゴジラがあがった時はいい機会と思ったくらいには興味があった。

結果観てみて期待を裏切らない個人的には好きな作品だった。とはいえこの作品、割と好みが分かれるらしい。その好みが分かれる点を何個か考えてみたい。

まずセリフが早口なうえに難しいことばかりで分かりづらい点。怪獣映画とはいえメインは日本政府。ぴょんぴょんと専門用語が飛び交う。まあ分かりづらいのだが、あそこで難しい話を飛び交わせているのはthe政治家のいざこざ感を出させるためなのだろう。始めの数秒で聞かなくても大丈夫だろうと感じたし、実際何を言っているのか分からなくてもストーリーは分かったので、そこは気にするなとしか言いようがない(決して頭が回らなくて聞く気がなかった訳ではない、はずだ)。

あとはエンターテインメント性が少ないという意見。怪獣映画が好きな人からしたらファンタジー要素が少ない、つまり面白くないと感じるようだ。前にも書いたがこの映画のメインはゴジラではなく日本政府だ。つまりリアリティを追求している。これはもうゴジラに何を求めるかというところで制作側とこちら側が違ったということなのだろう。今までのファンタジー要素の少ない、今の日本を考えさせるようなストーリーだからこそ「シン」ゴジラなのだ。

ここまで偉そうに書いてきたが、たかが大学生が深夜テンションで書いた文章、しかも筆者は「シン」ではないゴジラを見てない若者なので上手いものでもなんでもない。次観る時は他のゴジラシリーズを観てからにしたら印象も変わるのではないかと思った。